clear
clear
HOME > 個人情報

個人情報の保護に関する特記事項

個人情報保護の趣旨
第1条 指定管理者(以下、乙とする。)は、信頼される区政の実現に資する個人情報保護制度の趣旨を勘案し、その業務を遂行するにあたって、区民の権利利益を侵害することのないように努めなければならない。
適正な管理
第2条 乙は、個人情報の漏えい、減失及びき損の防止その他個人情報の適正な管理のために必要な措置を講じなければならない。
再委託の禁止又は制限
第3条 乙は、管理運営業務を他に委託し、又は請け負わせてはならない。
秘密保持の義務
第4条 乙は、管理運営業務に関して知り得た個人情報を他人に知らせ、又は不当な目的に使用してはならない。管理運営業務終了後もまた同様とする。
2 乙は、管理運営業務に従事する者及び従事した者に対し、前項の業務を遵守させなければならない。
第三者への提供の禁止

第5条 乙は、管理運営業務に係る個人情報を第三者に提供し、又は譲渡してはならない。

委託された業務への使用の禁止
第6条 乙は、管理運営業務に係る個人情報をそれ以外の用途に使用してはならない。
複写及び複製の禁止
第7条 乙は、管理運営業務に係る個人情報を区(以下、甲とする。)の許可なく複写し、又は複製してはならない。
返還及び廃棄の義務
第8条 乙は、管理運営業務期間が終了したとき又はこの契約が解除されたときは、管理運営業務に関して知り得た個人情報を速やかに甲に返還しなければならない。
2 前項の規定にかかわらず、甲乙協議のうえ、乙が廃棄する場合、乙は第三者の利用に供されることのないよう善良な管理者の注意をもって、焼却又は裁断等により処分しなければならない。
事故発生時における報告の義務
第9条 乙は、個人情報の保護に関し事故が生じた時は、直ちに甲に通知し、当該事故の解決に努めるとともに、遅滞なくその状況を書面をもって甲に報告しなければならない。
立会い及び監督に関すること
第10条 甲は、必要があるときは、甲が指定する職員を立ち会わせ、個人情報の管理状況を調査し、監督することができる。
加工、再生等の禁止
第11条 乙は、管理運営業務の範囲を超えて、個人情報の加工、再生等をしてはならない。
付随的に発生する情報の使用禁止
第12条  乙は、管理運営業務の範囲を超えて、個人情報の調査分析過程でえられた付随的な情報を使用してはならない。
公表措置及び損害賠償義務
第13条 甲は、乙が第1条から前条までに掲げる個人情報の保護に関する業務に違反し、 又は怠った場合は、その事実を公表することができる。
2 前項の場合において、甲が損害を受けたときは、乙はこの損害を賠償しなければならない。 
clear